毛ガニ レシピ

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU

毛ガニを使った料理のレシピをご紹介します

釧路のカニの大卸の北釧水産さんには私もときどき注文をします。とてもしっかりとしたお店で信用できるからです。また、美味しさも間違いなしです、オススメですね。

 

画像は北釧水産さんの活毛蟹のものですが、そうなんです、通販では珍しいと思いますが活カニを各種流取り扱っているのです。料理が好きな人はぜひ活毛ガニを手に入れて腕をふるってみませんか?。専門店で食べると目玉が飛び出そうな料金がしますが自宅で調理が出来れば数分の一の費用でごちそうを食べることが出来ますからね。また財布にやさしい「まかない用」もあります。私がよく利用するのは実はこっちなんですが。ここの「まかない用」はとにかく美味しいんです。さすが釧路と感じさせてくれますよ♪

 

 

さて、カニを使った料理は様々なものがあります。例えば、カニチャーハン・カニのパスタ・カニグラタン・カニクリームコロッケ・カニご飯・かに雑炊、などなど、あげはじめるとキリがありません。

 

しかしこれら料理は「カニ○○」と銘打ってはいても、カニは具材のひとつでしかありません。カニを別の食材に置き換えても料理として成立するものばかりです。

 

毛ガニといえばカニの中でも一番おいしいとされるカニのエースです。そんな毛ガニをせっかく食べる機会を得たのなら、他の食材でも成り立つような料理の具材のひとつに毛ガニを使うなどというもったいないことはしたくないものです。

 

毛ガニをしっかりと堪能するには、活なら刺し身かボイルで、浜茹でならそのまま食べることを一番オススメします。

 

カニは購入したお店がきちんと裁き方のテキストを入れてくれる場合がほとんどですから、さばいてしまえば後は普通の食材として扱うことができます。

 

調理していただくのであれば、カニ鍋・カニしゃぶなど、カニが主役となる料理が良いのですが、毛がにの場合はあまりこの手の鍋料理には向きません。

メジャーなのはカニクリームコロッケ

カニを使った料理と言われて思いつくのはカニクリームコロッケですね。アツアツのとろ〜りとした濃厚なクリームが口の中に広がった瞬間が最高です。
でも、自分で作るとなると手間がかかります。揚げるとき油の温度が低いと中身が出てしまうなんて失敗もあります。それでも上手にできたときはチャレンジして良かったと思うのと同時に苦労しただけ余計おいしく感じます。
では毛がにのクリームコロッケの作り方を紹介したいと思います。

 

《材料 約10個分》
毛がに 100〜200g位
◯白ワイン   大さじ1杯
小麦粉    80g
コンソメの素 1個
牛乳     450cc
バター    60g
玉ねぎ    1/2個
塩・コショウ 少々
●衣用の材料
小麦粉

パン粉
@ 毛がにの甲羅、殻から身を取り出します。玉ねぎをみじん切りにします。コンソメの素を細かくきざみます。
A フライパンにバターを入れて弱火で溶かします。溶けたら小麦粉を入れて焦げないように気をつけて炒めます。なめらからになったら玉ねぎと入れます。
B 牛乳を入れてトロミが出てきたらコンソメの素を入れます。コンソメがしっかりと溶けたら毛がにの身を入れて塩とコショウで味を整えます。

C Bをバットに入れて冷蔵庫で固めます。固まったら10個分になるように線を入れます。こうすることでコロッケの大きさが均等になります。
(適当に丸め始めると大きさがバラバラになり最後の方は小さくなったりしますね。)手に油を付けて丸めます。
D 丸めたものに小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけます。
E 180℃位の油で表面がキツネ色になるまで揚げます。コロッケの中は火を通してあるので表面が色付けば大丈夫です。
後は器に盛りつけてそのままで食べてもいいし、レモンを絞って掛けてもいいです。醤油でもソースでもお好みのものをかけて食べてください。

毛がにの甲羅揚げ

毛がにの甲羅揚げは自分で作るとかなり手間がかかってしまいますよね。手間を掛けるほどおいしい毛がにの甲羅揚げができるはず。しかし、レシピ通りに作っても必ずしもおいしいものができるとは限りませんよね。おいしい甲羅揚げを食べたいそんなときはかに専門店で作っている揚げるだけものを購入するのが一番です。これなら絶対失敗しないでおいしい毛がにの甲羅揚げを自宅食べることが出来ます。

 

でも、一度は自分で作ってみたいという方にレシピを紹介したいと思います。

 

 

<毛がに甲羅揚げ四人分の材料>
毛がにの甲羅         四個
ボイル毛がに         二杯
しいたけ(他のきのこでもよい)三個
ゆでタケノコ(缶詰でよい)  40〜50g
三つ葉            半束位
長ネギ            1本
卵(白身と黄身に分ける)   1個
小麦粉            適量
パン粉            適量
塩              少々
醤油             小さじ1杯
ごま油            少々
揚げ油            適量
<作り方>
@ボイル毛がにの身を取り出します。しいたけとタケノコを細切りにします。長ネギをスライスして三つ葉は3cm位に切っておきます。

A甲羅は内側をよく洗って乾かしておきます。
Bしいたけとタケノコを炒めます。しんなりしてきたら長ネギと三つ葉をいれて塩をします。軽く炒めたらカニのみを投入します。
かにの身がほぐれたら醤油、ごま油を入れて香りが立ったら火を止めます。
C卵黄にカニみそ入れてよく混ぜます。冷めたBを入れて混ぜあわせます。
D乾かした甲羅の内側に小麦粉を振り、Cを入れて卵白をハケで塗ります。その上から薄く小麦粉、パン粉の準で振ります。手でパン粉を押してなじませます。
E揚げ油でキツネ色になるまで揚げます。油を切ったあと器に盛り付けます。
そのまま食べてもおいしいですがレモン汁で食べてもいいですし、ポン酢で食べてもいいです。出来上がりをアツアツのうちに食べるのが何よりです。

 

美味しくて安くて鮮度抜群の北海道の毛ガニ通販をランキングでご紹介しています♪

 

トップページの毛がに通販をご覧ください!