毛ガニ 浜茹

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU

かにの浜茹でとは何?

美味しいかにを食べる。これを考えた時に昨今は通販サイトやお取り寄せといったものが活用されています。そういった中で、蟹の状態に関していくつか種類がありよくわからないと感じている人もいるでしょうから、「かにの浜茹でとは何?」これについてお話したいと思います。まず、この浜茹でとは蟹の鮮度をたもつ保存方法であり、良質な通販サイト等であれば、水揚げ後、新鮮なうちに茹でるという下準備を行います。これによって、防腐剤等を使わずに各地方へ新鮮なまま輸送するということが可能になっています。

 

一般的に、この「浜茹で」は、水揚げ後朝いちばんで茹で作業がなされるため、浜で茹でるということが多かったことから、「浜茹で」といわれています。昨今は、この浜茹ででの通販ということが増えていますから、かにの通販サイト等を利用するという際には、かにの浜茹でとはどういったものなのかということをぜひ思い出してみてください。浜茹で品は若干お高めな値段設定ではありますが、本当に美味しいかにを食べることができますよ。

 

ちなみに「活カニ」も通販で扱われていますが、これは字のごとく「生きた蟹」のことです。見た目に迫力というか躍動感というものを感じますので、思わず「こっちがいい!」という人もたまにいるのですが、料理の腕がないとちょっと難しいかもしれません。普通に美味しい茹でた毛がにを食べたい!という人は迷わず浜茹でを選んだ方が良いと思われますね。

 

解凍が済んでいる状態

店頭で販売されている毛がには解凍が済んでいる状態なのがほとんですよね。買ってすぐに食べることが出来ます。しかし、ネットなどで購入すると冷凍されたままで自宅に届きます。すぐに食べたいときはお湯で解凍します。まずは毛がにの表面についている氷の膜を室温で溶かします。一旦沸騰させた湯を80℃前後に冷まして、湯に塩をひとつかみ入れて2〜3分浸すと解凍出来ます。

 

蒸し器を使って解凍する場合は10分程度中火で蒸します。これらの急速解凍ではチョット風味が落ちてしまうことがあるかもしれません。

 

風味を損なわないでおいしく解凍するには冷蔵庫でゆっくり解凍するのがいいです。冷蔵庫で解凍するとき毛がにの水分が蒸発してしまわないように新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで深めの皿やバッドなどに入れます。皿やバッドに入れるときは甲羅を下にします。

 

甲羅を上にするとかにみそが流れ出てしまうことがあります。完全に解凍してしまうより8分目位に解凍した方がおいしく食べられるそうです。わたしはチョットでも凍った状態が嫌いなので完全に解凍してから食べています。それでもおいしいです。たぶん好みだと思うので8分目にするか完全にするかはお任せします。

 

あと室内で自然解凍をすると解凍された毛かにからは旨みが詰まった水分がタップリ出てしまうので避けたほうが良いようです。丁寧な解凍方法をほどこすことで、茹で上げに近いおいしさに戻るので時間を惜しまないようにしてください。