毛ガニ 通販

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU

毛ガニは北海道で最も好まれる蟹です!

カニと言えば北海道ですよね。
そして道産子である私も家族も周りの人も「カニと言えば毛ガニ」と答えます!。

 

 

そう、毛ガニだけが別格なのです。味の折り重なるような濃厚さ、カニ味噌の美味しさ等々、やっぱり毛ガニがダントツです。その大好きな毛ガニを1年に一度くらい思いっきり味わいたい! そんな時に頼りになるカニ通販店をご紹介します。品質と値段のバランスが抜群で、リピート率が高いお店が良いですよね。

 

毛ガニを茹でた経験の無い人は浜茹でを選びましょう。活毛ガニは美味しそうで選びたくなるところですが、美味しく茹でるのは難しいものです。大きな鍋で大量に茹でるからあの味が出るのですね。

 

もちろんカニの刺身などの料理なら活毛がにです!、活毛ガニも通販で購入出来ますので本格派の方にはオススメですよ^^

蟹の価格は年々高くなっています。毛がにの値段はシーズンや入荷状況で変わりますので必ず通販店公式サイトにて値段を確認するようお願いいたします。

毛ガニ人気通販ランキング!

 

かにまみれ 一級堅蟹3特・4特 

北海道稚内、胆振産650g・1kg前後4,980円

3特・4特って何? これ蟹の等級のことなのです。あまり馴染みがないですよね。この等級は例えば牛肉のA-4とかA-5の等級がありますよね?その蟹版が特3とか特4というものなのです。そしてこの4特は厳しい基準をクリアすることができた最高水準の毛ガニなんです。北海道を代表する蟹の毛ガニを堪能したくありませんか? かにまみれの4特が間違いなくオススメですよ♪

 

>>>一級堅蟹3特・4特 通販ページはコチラ!

 

 

かに本舗 通販店『匠本舗』  

北海道浜茹で毛がに姿約4kg(10〜11杯)12,800円

毛ガニのサイズは特大サイズではないですが(1杯サイズ/約365g〜400g)合計の目方が4sで12,800円というのは毛ガニとしては最安ランクです。また毛ガニが10〜11杯となりますので家族みんなに複数当たるのも喧嘩しなくて良いですよね。美味しいカニの身とカニ味噌を嫌というほどに楽しめますよ。

 

>>>北海道浜茹で毛がに姿約4kg送料無料はコチラ!

 

 

カネキタ北釧水産株式会社 

極上「活」毛ガニ 1kg前後 5,850円(通常8,000円)

カネキタ北釧水産株式会社は北海道の釧路で蟹の大卸を営んでいます。なのでワンランクのツーランクも品質の高いカニを届けてくれます。その満足度からリピーターが非常に多いのも特徴です。刺身などの愉しむなら活毛ガニですね。1kg前後 5,850円(通常8,000円)

 

>>>北釧水産株式会社 極上「活」毛ガニ通販ページはコチラ!

 

また、まかない用蟹も用意されています。いわゆる「訳あり」ですよね。こちらもかなり安い価格で提供されています。1.5s前後入り(2〜3尾)4,980円

>>>まかない用特別通販ページはコチラ!

 

 

浜海道

オホーツク雄武産 浜ゆで毛がに500g×2尾入 6,980円

北海道のオホーツク産の浜茹で毛がに(大)が2ハイでかなりリーズナブルな価格となっています。厳選された雄武産の堅蟹ですので味はもちろん、カニ味噌も間違いなくビッシリ!ですよ

 

>>>浜海道 オホーツク雄武産浜ゆで毛蟹はコチラ!

 

 

マルゲン後藤水産  極上ランク浜ゆで毛蟹合計1kg前後 6,237円

マルゲン後藤水産の毛ガニも安いです。1sを詰め込んだセット(3尾程度:1尾あたり約335g〜360g前後)とかなり利用しやすい価格となっています。ひとまわり大きいサイズの約1.5〜1.7kg分詰め(約2〜3尾)もあり価格は8,891円、送料が無料となっています。

 

>>>マルゲン後藤水産 極上ランク浜ゆで毛蟹はこちら

 

 

北海道ぎょれん 浜ゆで毛がに(440g×2尾)価格:5,500円

北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)の最大の特徴は多くの商品が北海道の各浜から直送されることです。まさに産地直送ですね。高品質の毛ガニを求めるならココです。
浜ゆで毛がに(440g×2尾)価格:5,500円、(550g×2尾)7,800円(税込)でともに送料無料です。

 

>>>北海道ぎょれん 浜ゆで毛がにはこちら

 

 

毛がにのアレコレ

北海道といえば毛ガニという方も多いですよね。毛ガニの一番の特徴は、名前にもなっている様に体が短い毛で覆われています。この見た目から毛がには英名では『hair crab』と呼ばれています。別名は大栗蟹(オオクリガニ)ですが、栗の名は薄褐色の毛が全身を覆っているのが栗のイガを連想させることからついたと言われています。毛がにの毛は周囲の動きを感知するためのもので、毛が動くことによって周囲の水の流れで接近する敵の気配やエサの接近を感じることができるそうです。

 

毛ガニはアラスカ沿岸、カムチャッカ、朝鮮半島東岸など太平洋沿岸に広く分布していて食用として有名です。日本では北海道の代表食材として知られています。北海道旅行に行ったときは必ず食べたくなる方も多いのではないでしょうか。

 

毛ガニは全体的に小さくずんぐりとした印象で、丸みを帯びた四角形の甲羅を持ち、甲羅はそれほど固くありません。オスは縦長の楕円形、メスはそれよりも幅広で円形に近く、メスの背面はオスに比べて丸みが強いのが特徴で、大きいものではオスで15cm、メスで12cmになりますが、8p以上の甲羅となっているオスのみを採ることが許されています。8p以上というとタラバガニやズワイガニなどから比べると小さ目のカニということが分かります。

 

タラバガニやズワイガニに比べると体が小さいので若干食べづらいかもしれませんが、その身は繊細で引き締まったきめの細かさでコクのある甘みがあります。毛ガニのカニみそは身同様に濃厚な甘みと上品なコクがあって口の中でふわっと広がる風味は絶品です。甲羅にお酒を入れてカニみそを最後まで楽しむ人もいるようです。ちなみにカニみそは脊椎動物の肝臓と膵臓の機能をもつ器官だそうです。

毛ガニの食べごろ、旬はいつ?

蟹と聞くと、鍋料理のイメージが強いため、その旬は冬だと思っている人も多いかも知れませんね。しかし、毛ガニに限っては冬だけが旬ではありません。

 

北海道では、通年どこかで毛ガニ漁が行なわれています。水揚げされた時期によって味は微妙に違っていますが、どれも美味しいと言われています。

 

春先に獲れる「若蟹」は、身の量は少なめですが甘みが強く、好んで食べる人が沢山います。夏から秋にかけては、身の量も増え、味噌も美味しくなり、値段も手頃なものが多くなります。冬の初めから年末にかけての毛ガニは、寒さから身を守るために動きが良くなり、自然と脂の乗りの良いものが増えます。ただ、水揚げされる量が少なくなるのに対して、購入したいと言う人が増えるため、おのずと値段は高めに設定されてしまうようです。

 

こうして見ると、毛ガニは1年中「旬」と言うことも出来ますね。季節ごとに旬を迎える地域に分けて説明すると、春はオホーツク海側、夏は登別近郊、秋は釧路や根室、冬は十勝などで獲れたものが市場に出回っています。北海道以外では、12月〜3月にかけて、三陸産の毛ガニが旬を迎えます。どちらの地域のものも、引き締まってプリプリとした身と濃厚な味噌を楽しむことが出来ます。

 

ただ、毛ガニの場合は他の蟹と違い、大きさが500gを超えてしまうと、旨みや風味が落ちてしまうと言われていますから、もう少し小さめ、300gくらいのものを選ぶと、味も良く、お腹も一杯に出来るので、充分に満足することが出来るでしょう。

誰にでも出来る毛ガニの美味しい食べ方

毛ガニの一番美味しい食べ方は、やはり茹でたてのものを食べることです。生の蟹の最適な茹で時間は、サイズによって違っているので注意が必要です。毛ガニの大きさが300g〜500gならば、15分、600g〜700gならば18分、800g以上のものは20分かかります。また、茹でる時はお湯の量に対して3%〜4%の塩を入れます。沸騰したお湯に毛ガニを入れたら、再沸騰させて、時間を計るのがポイントです。

 

もし通販などで浜茹でなど一度茹でてある状態の蟹を購入した場合は、家では茹でない方が良いです。蟹の旨みや風味が消えてしまい、美味しい食べ方が出来なくなってしまいます。毛ガニを温めて再び美味しい食べ方をしたい場合は、茹でるのではなく、少量の日本酒をかけてから蒸して食べるのが良いでしょう。身が乾かず、旨みや風味が消えてしまうことも無く、しっとりとした食感を楽しむことが出来ます。

 

冷凍した毛ガニを購入した場合は、じっくりと時間をかけて解凍します。解凍中に水が出るので、新聞紙でくるむか、ラップをかけましょう。その状態で、甲羅を下にして冷蔵庫に入れておきます。早く食べたいと思っても、電子レンジなどでの解凍はお勧め出来ません。全ての旨みと風味が消え、身もパサパサになってしまい美味しい食べ方が出来なくなってしまいますから、少しだけ我慢して、解凍されるのを待ちましょう。解凍されたら、そのまま食べても美味しいですし、サラダやお寿司、茶碗蒸しなどに入れて、様々な美味しい食べ方を楽しみましょう。

毛がにの人気通販店ランキング

かにまみれ

かにまみれの毛がには鮮度と味に定評があり、多くの利用者に愛されています。美味しい毛がにを食してもらうために、鮮度の維持には徹底しています。鮮度を落とさないために、ひとつひとつ手作業で丁寧にパッケージを行います。加工作業を行う部屋は、ほこりやゴミを取り除くクリーン設備を設けています。
かにまみれの毛がには、気温の低い北海道の海で育っているのでどれも身がしまっていて、他の海で育ったカニに比べて大きいです。脚の一本一本が肉厚でジューシーなのは、さすが北海道産の毛ガニといったところです。生で食べるのも美味しいのですが、少し茹でると身に甘みがでるのでおすすめです。
カニの魅力は身だけでなく味噌も美味しいところで、かにまみれのカニは特にかに味噌が絶品です。どのカニにもふんだんにカニ味噌が入っていて、どれも味が深く濃厚でクセになる味わいは購入者を虜にします。価格は旨みや品質に見合わないほどリーズナブルなところも魅力の一つです。

 

かに本舗(匠本舗)

一言で蟹と言っても複数種類がある中で、身とカニ味噌の両方のバランスに優れているのが毛がにです。付根から足先までぎっしりと詰まっている身は、柔らかいもののしっかりとした弾力性が感じられる上に、お口の中でもっちりとした膨らみが感じられて大きな満足度が得られます。
また、カニ味噌は鼻を近づけた段階で香りが感じられる程濃厚であり、口に運ぶととろけていく贅沢な食感です。たった一杯でこれほどまで充足感がある毛がにを買い求めるのなら、通販サービスが便利なかに本舗(匠本舗)が最適です。
お客様からオーダーが入ると蟹に関して知らない事は無い精通している職人が手に取った毛がにの個体差を瞬時に見極め、絶好の時間をかけて湯通ししより良い塩加減で仕上げていきます。そのため、手元に届いた時にはすぐに食べ始められるようになっており、特有の手間や煩わしさが無く、そうした点がリピート率が高い理由でもあります。そして、かに本舗(匠本舗)の毛がにはそのクォリティの高さから、通でさえも唸ってしまうほど絶品であり、プロにもファンが大勢存在します。

 

釧路北釧水産

釧路北釧水産の販売ルートは、至ってシンプルなので鮮度が違います。市場から新鮮な毛がにを直接買い付け、梱包まで全て自社で行い厳しく身入りのチェックも行っているため、満足度の高い毛がにが届きます。かに本来の甘みや旨みを活かすため、一般的なものより塩分を抑えて茹でるなど、美味しさを引き出す工夫も見られます。
いつでも旬の毛がにを楽しんでいただけるよう、その時期によって身入れが良い地域のかにを厳選しているのも特徴です。鮮度抜群で刺身も味わえる活毛がに、味に深みがありすぐに食べられて便利なチルド、食べる時期を選ばず忙しい方でも安心の急速冷凍タイプと、3種類の中から食べ方やライフスタイルに応じて好きなものを選べるのも便利です。
本来の美味しさを余すことなく味わってもらえるよう、ずっしりと食べ応えのある身入りのかにを、大釜で熟練の職人が絶妙な塩梅で茹で、年間を通して旬のものを選定し発送する、こうして届けられる釧路北釧水産の毛がにだからこそ旨みが違います。

 

函館浜海道

函館浜海道は、カニ通販で人気の高いショップで、北海道函館の厳選されたカニを取り扱っています。函館のカニ専門店だからこそ、かにのおいしさをそのまま届けていて、そのことが高い評価につながっているんですね。
函館浜海道のカニは、函館ならではの毛がにが絶品で、北海道特産の毛がには、しっとりとしていてコクのある味わいがあります。そのため、茹でてカニを食べるなら、絶品の味わいを堪能することができます。イチオシなのは、浜ゆでの毛がに5尾入16800円のセットで、魚貝の宝庫オホーツクで育ったカニなので、良質の栄養分を豊富に含んでいます。オホーツクで育った毛がには、味も身入りも最高で、かにみそもたっぷりで実に濃厚です。身がぎっしり詰まっているので食べ応えがあり、見た目も豪華な5尾入セットはまさにお買い得ですよ。
函館浜海道では、ズワイガニやタラバガニ、毛がにをたくさん食べられる贅沢なセットを用意しているので、通販の中でも人気があります。味に納得が行く商品ばかりで激安なので、函館浜海道にはリピーターやファンが続出しています。お買い得価格での提供でも、品質が良いので満足の行く味わいを得ることができますよ。

 

マルゲン後藤水産

マルゲン後藤水産が提供する毛がには、水産加工会社だからこそできる良質な商品ばかりが揃っています。市場へ商品を卸す業務は水産加工会社が担っており、厳しい審査基準をクリアした会社のみに与えられる仕事です。現在、マルゲン後藤水産で提供している注目商品として、オホーツク海の毛がに姿を中心にたくさんの魚介類が詰まった海鮮福袋の七彩宝箱があります。
他の食材として、カナダ産のズワイガニとオマール海老、オホーツク産のホタテ玉冷、イクラ醤油漬けや味付け数の子、そして真いか沖漬けが揃った豪華セットです。堅と呼ばれる一級品の毛がに姿は身が詰まっており、1尾で約350g前後の重量です。ズワイガニ姿は1尾で約500gなど、他の食材の量も豊富です。これだけ揃って1万円以下の9878円で購入できます。送料無料で全国に届けてくれます。冷凍発送で、注文してから最短5日で届きます。連休や年末年始は混雑するため、早めの注文がおすすめです。

 

らっしゃいかに

冬の味覚として人気の毛がには、かに本来の甘みとクリーミーで濃厚なカニみその味わいで、一度食べたらまた食べたくなるリピーターの多い商品です。なかでも、かに通販店「らっしゃいかに」の毛がには、本場北海道から直送される新鮮な特大カニで、高級料亭でも使われ大手カタログギフトにも掲載される、匠が厳選した本物の毛がにです。
毛がには美味しい食べ方が豊富なところも人気のひとつです。炭火やグリルで炙ると香ばしい香りとプリプリにしまった身の食感は最高です。もちろん、茹でカニやカニ鍋も大変美味しくさすが高級品といった深い味わいが楽しめます。そしてなんといっても美味しいのはカニみそです。毛がにならではのクリーミーで濃厚なカニみその味わいは他では味わえません。
「らっしゃいかに」のカニは、新品のダンボールを使い、一尾一尾丁寧に紙で梱包し最高の状態で届けられます。特にオススメなのが収穫量のうちたったの4%しかない「幻の毛蟹」は、なかなか味わうことのできない貴重なものです。

 

北海道網走水産

北海道網走水産では、たいへん美味しい毛がにも扱っています。北海道のかにと言えば、最も高価で取引されている「たらばがに」やその仲間の「あぶらがに」が有名ですが、風味の面では毛がには勝るとも劣らないと言われており、好んで食べる人の多い食材です。網走市は毛がにの水揚げ量が多い漁港としても有名であり、地元での人気食材としても存在感があります。
食べ方としては、それぞれ人の好みによるところも大きいのですが、この食べ方は間違いがないという方法ももちろんあります。北海道網走水産の毛がには、とれたての新鮮なまま最適なタイミングで茹で上げ、身の旨味をしっかりと殻の中に閉じ込めた極上の状態ということで評価されています。その身と、毛がにならではの「かにみそ」を甲羅の中で混ぜ合わせて食べるというのがおすすめです。日本酒との相性も最高です。濃厚なみその旨味と、かに本来の風味がミックスされたその味わいは、まさに北海道の海産物の中でもトップクラスの美味しさであるといえるでしょう。

 

北海道地場の味

かにの通販店である北海道地場の味の毛がには、年間を通して高品質の毛がにを仕入れています。毛がには加工次第ではパサパサした食感になってしまいます。北海道地場の味では厳選した加工業者が加工を行っていて、水揚げされたばかりの毛がに達を茹でて急速に冷凍しているので、とても新鮮です。かに肉は濃厚で甘みがありとても美味しいです。
徹底した衛生・温度管理の中で流通を行っているので、新鮮な状態で配送することが出来ます。梱包は厳重に行われているので安心です。
サイズは400g、600g、900gなど色々なサイズがありますが、希少な900gがオススメです。900gは通販市場にはめったに出回ることがなく、北海道地場の味の独自のルートを活かして仕入れることが出来ます。まとめ買いをすると割引価格で購入することが出来るので、購入するならまとめ買いがお得です。メッセージカードを無料で同封することが出来るので、贈り物としても最適です。

 

かに吉

かに通販店「かに吉」は北海道から新鮮なかにを直送するかに専門問屋です。「かに吉」の「毛がに」は、北海道・稚内港での水揚げ後すぐ専用水槽に入れ、そのあと熟練の蟹職人が宗谷の塩でこだわりの浜ゆでをしてから急速冷凍しています。だから新鮮でみずみずしく、自然解凍後はそのままかに酢で、かに鍋、かに汁とおいしく食べられます。
かに味噌も楽しめる姿かにで1尾500gのものから、ずっしり横綱級の1尾600〜900g、見た目もお腹も大満足の超特大1〜1.2kgのものまでさまざまなサイズを取り揃えており、ほかにも北海道近海産の毛がにを6〜10尾ぎっしり詰めた4kgセットや、欲張りな方におすすめの毛がに・ずわいがにを2尾ずつ詰めたセット、食べごたえたっぷりの毛がに・特大たらばがに脚肉のセット、さらには繊細な身とかに味噌の毛がに・かにらしい食感のずわいがに・甘くて濃厚な味のたらばがにを一気に楽しめる3大かにセットもあります。

美味しい毛がにを楽しみましょう。

毛がにっておいしいですよね〜。毛がにのおいしさってどこからくるんでしょうか。毛がにのおいしさのヒミツはグルタミン酸、イノシン酸、グリシン、アラニンなどのアミノ酸を含んでいるからだそうです。グルタミン酸といえば昆布などのダシの成分ですよね。カニの身自体がダシの素ギッシリと詰まっているんだからおいしいに決まっています。

 

美味しいものはなんとなくカロリーが高いイメージがありますが毛がには低カロリーで資質や糖分はあまり含んでいないんだそうです。例えば同じ100gの牛肉だと450キロカロリー位ですが茹でた毛がにだと80キロカロリー位だそうです。いっぱい食べてもあまり太らないということですね。それと毛がににはタウリンといものが含まれています。タウリンといえば栄養ドリンク剤に入っていますよね。タウリンは体の細胞を正常に保つ作用があるそうなんです。特に肝臓によく作用するそうですよ。お酒が好きな人は毛がにを食べながらお酒を飲んでもOKということです。お酒を飲むのを医者から制限されている人は毛がにを食べながらなら飲んでも大丈夫なのかも。

 

毛がにの甲羅にはキチン・キトサンが含まれています。キチン・キトサンはトリートメントなんかに入っていますよね。毛がにって全身が良いもので出来ているんですね。おいしいだけじゃなく食べる人のためになるなんて素晴らしいい生物です。

 

毛ガニとはカニの一種で、別名オオクリガニとも呼ばれます。オオクリガニの仲間に、クリガニというカニがあります。クリガニはオオクリガニと呼ばれる毛ガニと外見はとてもよく似ています。クリガニは毛ガニ同様食用とされていますが、味は毛ガニよりも劣るようです。やはり毛ガニは味においては食用のカニの王様と言えるでしょう。俗に、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの3種類は3大ガニと呼ばれます。カニといえば高級食材のイメージが強いものです。3大ガニに花咲ガニを加えて4大ガニと呼ぶ場合もあります。しかし、4大ガニのうち半分の2種類は実はカニではなくヤドカリの仲間です。毛ガニは本物のカニですから、上品な味わいで高級食材の名に相応しい一品と言えるでしょう。毛ガニは、ズワイガニやタラバガニよりも食べられる身の部分は少ないです。しかし、カニミソの量がとても多いことが毛ガニの魅力のひとつなのです。カニミソはカニを食べる上では忘れることのできない珍味ですね。毛ガニはその名の通り、甲羅にびっしりと細かい毛がはえています。毛ガニのオスは、毛ガニのメスよりも体が大きいことが特徴です。

毛ガニ購入の際には「浜茹で」と「活」に注意してください。刺身などの料理をする目的ならば活毛ガニが良いですが、茹でて食べる場合には「浜茹で」をオススメします。家庭で茹でた場合には、思ったような茹で上がりに出来ないこともあります。