毛ガニ 旬

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU
RSS

毛ガニの食べごろ、旬はいつ?

蟹と聞くと、鍋料理のイメージが強いため、その旬は冬だと思っている人も多いかも知れませんね。しかし、毛ガニに限っては冬だけが旬ではありません。

 

北海道では、通年どこかで毛ガニ漁が行なわれています。水揚げされた時期によって味は微妙に違っていますが、どれも美味しいと言われています。

 

春先に獲れる「若蟹」は、身の量は少なめですが甘みが強く、好んで食べる人が沢山います。夏から秋にかけては、身の量も増え、味噌も美味しくなり、値段も手頃なものが多くなります。冬の初めから年末にかけての毛ガニは、寒さから身を守るために動きが良くなり、自然と脂の乗りの良いものが増えます。ただ、水揚げされる量が少なくなるのに対して、購入したいと言う人が増えるため、おのずと値段は高めに設定されてしまうようです。

 

こうして見ると、毛ガニは1年中「旬」と言うことも出来ますね。季節ごとに旬を迎える地域に分けて説明すると、春はオホーツク海側、夏は登別近郊、秋は釧路や根室、冬は十勝などで獲れたものが市場に出回っています。北海道以外では、12月〜3月にかけて、三陸産の毛ガニが旬を迎えます。どちらの地域のものも、引き締まってプリプリとした身と濃厚な味噌を楽しむことが出来ます。

 

ただ、毛ガニの場合は他の蟹と違い、大きさが500gを超えてしまうと、旨みや風味が落ちてしまうと言われていますから、もう少し小さめ、300gくらいのものを選ぶと、味も良く、お腹も一杯に出来るので、充分に満足することが出来るでしょう。

 

美味しくて安くて鮮度抜群の北海道の毛ガニ通販をランキングでご紹介しています♪

 

トップページの毛ガニ通販をご覧ください!