活かに

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU
RSS

活かにはどんな料理に向いていますか?

当サイトでもご紹介している北海道釧路の優良通販店の「北釧水産」では活毛ガニをはじめとした「活かに」を購入することができます。カニどころにお住みでない方には珍しいですよね。普通は求めることが難しいのではないでしょうか。しかし蟹の通販サイト利用や、贈り物として蟹を受け取るということが昨今増えてきました。そういった中で、活かにと呼ばれる蟹をもらった場合、どう処理していいのかわからない。どんな料理に向いているのかわからない。こういった人もいるでしょうから、活かにはどんな料理に向いているかということをご紹介したいと思います。まず、活け蟹は一度茹でてある製品ではなく、生の状態で運ばれてくるということが一つのポイントですから、「刺身」や「しゃぶしゃぶ」といった料理に向いているといえます。

 

また、刺身としても、しょうゆで食べるのではなく、塩で食べるという方法も「活かに」の場合はすすめられています。これまでは、高級料亭等でしか「活かに」は食すことができませんでしたが、流通の問題等や保存技術の向上で、「活かに」も通販等で利用できるようになっています。ただし、注意が必要な点に、加熱料理をする際にはゆで方というものに注意してください。一般的に専門家が茹でる場合には気にする必要はありませんが、素人がやってしまうと茹ですぎてしまうということも少なくありませんから、説明書や公式サイトで指導されているように調理するということは守ってください。

 

毛がにアレルギーについて

毛がには大好きでもアレルギーになって食べられないという人いますよね。アレルギーってある日突然になるんでそうです。花粉症と同じで去年までは何ともなかったのに今年になって発症なんていうのを聞いたことがありませんか。アレルギーに抵抗できる器(比喩です)は人によって大きさが違って、器がいっぱいになってあふれるとアレルギーになるんでそうです。

 

チョット前に友人と一緒に有名なカニ専門店で食事をしました。お腹いっぱいに食べて帰る途中、トンネルを抜けたとき友人の顔を見ると顔が倍に膨れ上がって唇がタラコを付けたようになっていました。何度も一緒にカニを食べていたのにそんなことになったのに驚きとどうしたら良いかわからなくなり軽いパニックになりました。とりあえず近くの病院に駆け込んでアレルギー治療を受けて事なきを得ました。ひどいアレルギー症状になると死に至るということなので友人は二度とカニを食べることができなくなりました。

 

カニ本体だけでなくカニの成分が含まれている食品も口にできなくなりました。カニアレルギーになると他にエビやシャコなどの甲殻類全般がダメなんです。カニの成分が含まれている食品って結構あるんですよね。買い物をするときには表示を念入りに見ています。アレルギーを持つと大変ですね。自分も今日、明日にも起きるかもしれません。おいしい毛がにが食べられなくなると考えるだけで耐えらません。アレルギーが起きないよう祈るしかありませんね。