カニみそ

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU
RSS

カニみそについて

カニみそは、脳みそのことではなく、肝臓とすい臓の機能の両方を持つ器官で、見た目が味噌に似ていることから、そうしたネーミングがつきました。茶色に近い濃緑色の味噌状のペースト状になっているのが特徴です。なぜ、カニみそが人気なのかというと、脂肪やグリコーゲなどの栄養がたくさん詰まっているからです。

 

カニを茹でたり、蒸したりした時に一緒に食べることが多く、独自の食材としてもよく使われます。濃厚な味はまさしく絶品で、特に毛ガニのカニみそは、とても美味しいです。色んな食べ方がありますが、ご飯にそのまま掛けて食べても美味しく頂けます。ただ、日本で人気ですが、海外ではあまり好まれていません。見た目の感じがあまり良くなく、独特の生臭さもあるので、好みがわかれるところです。

 

また、時間が経つと、カニみそは変色するので、できるだけ新鮮な状態で食べるのが、美味しく食べるコツです。カニみその魅力は、そのコクの深さにあり、色んな料理に使用されています。特にパスタに入れると効果的で、トマトクリームのパスタに少しカニみそを加えるだけで、驚くほど美味しくなります。

やっぱりカニみそが♪

毛がにが好きな人はだいたいカニの身よりもカニみそが好きですね。カニみそというとカニの脳みそかなと思うかもしれませんがどうやら違うようです。

 

調べたところによると『中腸腺』というカニの消化器官のだそうで、脊椎動物でいうところの肝臓や膵臓のようです。たしかに牛レバー刺しのようにちょっとネットリとして濃厚な感じが肝臓かなと思わせます。牛レバーはだいたいの色が同じですがカニみそは食べるたび色が違っていますよ。

 

それはカニが食べたものが反映するからで海藻類を多く食べているカニは黒っぽい色をしていて、オレンジ色のものは貝類を多く食べているからだそうです。毛がにのカニみその味を表現すると甘く濃厚、クリーミィーで磯の香りを同時に味わうことが出来ます。

 

しかし、鮮度が落ちているカニみそは磯臭くカニ独特の腐臭がします。口に入れたことを後悔してしまいます。鮮度が落ちてくると黒ずんできます。良くない色だなと思ったら口にしないほうがいいかも。毛がにはカニみそがありますが花咲がにやタラバガニのカニみそってお目にかかったことがありませんね。

 

どうやら花咲がにやタラバガニは毛ガニと違う種類だから体の構造が違うからのようです。ミソがない訳ではなく茹でても固まりにくく食用には適しないのだそうそうです。ミソがあってもあまりおいしくないそうです。味は好き好きなので自分の舌で確かめてみるのもいいかもしれませんね。

 

美味しくて安くて鮮度抜群の北海道の毛ガニ通販をランキングでご紹介しています♪

 

トップページの毛がに通販をご覧ください!