毛ガニ 通販

毛ガニ通販【激安、訳ありなど口コミで評判の蟹はココ!】

MENU
RSS

毛ガニは北海道で最も好まれる蟹です!

カニと言えば北海道ですよね。
そして道産子である私も家族も周りの人も「カニと言えば毛ガニ」と答えます!。

 

 

そう、毛ガニだけが別格なのです。味の折り重なるような濃厚さ、カニ味噌の美味しさ等々、やっぱり毛ガニがダントツです。その大好きな毛ガニを1年に一度くらい思いっきり味わいたい! そんな時に頼りになるカニ通販店をご紹介します。品質と値段のバランスが抜群で、リピート率が高いお店が良いですよね。

 

毛ガニを茹でた経験の無い人は浜茹でを選びましょう。活毛ガニは美味しそうで選びたくなるところですが、美味しく茹でるのは難しいものです。大きな鍋で大量に茹でるからあの味が出るのですね。
もちろんカニの刺身などの料理なら活毛がにです!、活毛ガニも通販で購入出来ますので本格派の方にはオススメですよ^^

毛がにの値段はシーズンや入荷状況で変わりますので必ず通販店公式サイトにて値段を確認するようお願いいたします。

毛ガニ人気通販ランキング!

 

かにまみれ 一級堅蟹3特・4特 

北海道稚内、胆振産650g・1kg前後4,980円

3特・4特って何? これ蟹の等級のことなのです。あまり馴染みがないですよね。この等級は例えば牛肉のA-4とかA-5の等級がありますよね?その蟹版が特3とか特4というものなのです。そしてこの4特は厳しい基準をクリアすることができた最高水準の毛ガニなんです。北海道を代表する蟹の毛ガニを堪能したくありませんか? かにまみれの4特が間違いなくオススメですよ♪

 

>>>一級堅蟹3特・4特 通販ページはコチラ!

 

 

かに本舗 通販店『匠本舗』  

北海道浜茹で毛がに姿約4kg(10〜11杯)12,800円

毛ガニのサイズは特大サイズではないですが(1杯サイズ/約365g〜400g)合計の目方が4sで12,800円というのは毛ガニとしては最安ランクです。また毛ガニが10〜11杯となりますので家族みんなに複数当たるのも喧嘩しなくて良いですよね。美味しいカニの身とカニ味噌を嫌というほどに楽しめますよ。

 

>>>北海道浜茹で毛がに姿約4kg送料無料はコチラ!

 

 

カネキタ北釧水産株式会社 

極上「活」毛ガニ 1kg前後 5,850円(通常8,000円)

カネキタ北釧水産株式会社は北海道の釧路で蟹の大卸を営んでいます。なのでワンランクのツーランクも品質の高いカニを届けてくれます。その満足度からリピーターが非常に多いのも特徴です。刺身などの愉しむなら活毛ガニですね。1kg前後 5,850円(通常8,000円)

 

>>>北釧水産株式会社 極上「活」毛ガニ通販ページはコチラ!

 

また、まかない用蟹も用意されています。いわゆる「訳あり」ですよね。こちらもかなり安い価格で提供されています。1.5s前後入り(2〜3尾)4,980円

>>>まかない用特別通販ページはコチラ!

 

 

浜海道

オホーツク雄武産 浜ゆで毛がに500g×2尾入 6,980円

北海道のオホーツク産の浜茹で毛がに(大)が2ハイでかなりリーズナブルな価格となっています。厳選された雄武産の堅蟹ですので味はもちろん、カニ味噌も間違いなくビッシリ!ですよ

 

>>>浜海道 オホーツク雄武産浜ゆで毛蟹はコチラ!

 

 

マルゲン後藤水産  極上ランク浜ゆで毛蟹合計1kg前後 6,237円

マルゲン後藤水産の毛ガニも安いです。1sを詰め込んだセット(3尾程度:1尾あたり約335g〜360g前後)とかなり利用しやすい価格となっています。ひとまわり大きいサイズの約1.5〜1.7kg分詰め(約2〜3尾)もあり価格は8,891円、送料が無料となっています。

 

>>>マルゲン後藤水産 極上ランク浜ゆで毛蟹はこちら

 

 

北海道ぎょれん 浜ゆで毛がに(440g×2尾)価格:5,500円

北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)の最大の特徴は多くの商品が北海道の各浜から直送されることです。まさに産地直送ですね。高品質の毛ガニを求めるならココです。
浜ゆで毛がに(440g×2尾)価格:5,500円、(550g×2尾)7,800円(税込)でともに送料無料です。

 

>>>北海道ぎょれん 浜ゆで毛がにはこちら

 

 

毛ガニのアレコレ

毛蟹は北の方でしか取れず北海道の名産品になってます。地元で食べられていたりお土産になっていたりしますので、北海道に行った際は是非新鮮な毛蟹を味わいたいですね。

 

毛蟹はみがつまっていて一番美味しいという人もいますが、希少な為なかなか手に入りづらい半面、タラバやずわいは流通量が多いので選ばれることが多いのが現状です。特にタラバは見た目の豪華さや蟹味噌まで美味しく食べられる食べやすさと食べごたえが理由で料理に使いやすいため、これらの中では比較的人気の高い蟹です。どれが一番とは甲乙つけがたいものですが、人気度で言えばズワイ蟹が群を抜いているかもしれませんが、人に聞くと本当に好みでまったく違う答えがかえってくると思います。

 

 

個人的にタラバは甲羅が小さく足が長いのにスカスカな気がして、毛蟹の方が断然美味しいと感じてしまうのですが、それも蟹の質や時期など、本当に購入したお店などにもよります。お店によって本当にそもそも良い蟹を仕入れているかなど値段だけでなく質の高さなどが違ってくるからです。

 

 

なかなか流通しにくい蟹なので高値になってしまったり逆にそもそも手に入りにくいため人気のズワイガニの方が高値がついたりするものですが、ものによっては本当に美味しい蟹が沢山ある種類です。北海道などで丼になった新鮮なものなどを選んで食べるなどすると美味しいでしょうが、他の地方では新鮮なものをなかなかお目にかかれるものでもありません。

 

これは我が家だけの話ではないとは思うのですが、ホント、蟹好きの人って多いのですよね。実家の両親も年をとってもいまだに蟹を贈ると心底喜んでいます。北海道なんですけどね、だからと言って安い食材ではないのです、漁師の家にでも生まれない限り食べ放題みたいな環境にはならないのですがね。。それでもやっぱり本州の方よりも北海道の方が蟹は身近ではありますかね。ーパーなんかでも毛ガニが売っていますが、これは日本全国そうなのかな?、あ、そういえばズワイガニって地元札幌のスーパーでは売っていないですね。北海道ではズワイガニは不人気なのかもしれません。グレード的にも低い感じがあります。でも北陸の方ではズワイガニが高級なのですよね、松葉ガニって言うのですか?、あれなんか高級な蟹として知られていますよね。いろいろな蟹を楽しめるのがかに 通販の利点でもありますね。

 

我が家では一番人気はやっぱり毛ガニですね、次はどれでも良いくらいのぶっちぎりの人気ではないかと思います。毛ガニの良さは味噌も身っ子もすべてまるごと食べられるようなところですね。これはズワイガニやタラバガニでは味わえない感じなのかな。ただ内子ってありますよね、あれに関してはタラバガニが美味しいですよね。タラバガニの場合は身よりも内子の方が美味しいという人が多いくらいです。

 

 

あと北海道ではカニ鍋が一般的ではないのですが、それはカニをそのままの姿食いをする習慣があるからでしょうね。どう考えても下手な料理をするよりは浜茹でを食べた方が美味しいとは思います。カニ鍋やカニしゃぶに関してはやはり本州の北陸や京都などの地方がいろいろと工夫された料理がありそうですね。北海道の場合はカニにかぎらず海産物や農産物でもあまり手を加えない食べ方が好まれるのかもしれません。山間部の方が料理は細やかなイメージもありますが。。

 

カニが好きでもカニしゃぶなんかは数度しか食べたことがないくらいですよね、やっぱり浜茹でが好きなんでしょうね、うちの場合は。

北海道では毛ガニが好まれている

全国的に蟹が大好きな人は多いとおもいます(南の方、九州や沖縄ではどうなのか、分かりませんが)、少なくとも大部分の日本人は蟹が好きですよね。

 

地域によってはどんな蟹が好まれるのでしょうね。ズワイガニってメジャーな蟹ですが、北海道でもたくさん穫れます。聞いた話ですが、根室とかで穫れたズワイガニは北陸地方に送られているということを鰻問屋の人に聞きました(居酒屋での話ですが)。北海道ではあまり高級感がないズワイガニなのですが、これはカニ鍋などをあまり食べない習慣からかもしれません。北陸や京都ではカニ鍋やしゃぶしゃぶなどが盛んなのでしょうか、住んだことがないので分かりませんが。ゆでたり蒸したりしてもちろん食べるのでしょうが、鍋などで食べることも多いのでしょうね。

 

北海道ではあまりカニ鍋ってたべないんじゃないでしょうかね、おそらく。我が家では一度も食べたことがなかったのですが、去年、はじめてカニしゃぶしゃぶを食べてみました。鉄砲汁はありますが、あれは毛ガニを食べた残りで作るものですよね。せっかくの美味しいかにをそのままたべないで鍋にするのはもったいない、そんな感覚があるのかもしれません。

 

で、北海道ではタラバガニ、花咲ガニ、ズワイガニ、毛ガニといういわゆる四大蟹と呼ばれる(のかな?)かにの中で一番人気なのは毛ガニでしょう!。私の家族もおじいちゃんも親父も母も、みんな好むのが毛ガニなんですね。タラバガニと花咲ガニは正しくは蟹ではなくてヤドカリ科なので、やっぱり大味で歯ごたえがちょっとありすぎるかな〜という感じがしますよね。

 

毛ガニは身も美味しいですが、かにみそも楽しめますよね、そして残りは鉄砲汁。やっぱりどう考えても毛ガニが好まれるわけですよ。

蟹を注文する場合

カニを注文したいと考えている方の中には、「せっかく注文するのなら、北海道から、カニを取り寄せたい」と考えている方も、いると思います。カニには、いくつか種類がありますが、北海道といえば毛ガニではないでしょうか。

 

では、毛ガニについてご紹介しましょう。毛ガニの一番の特徴は、名前にもなっている様に、体が短い毛で覆われています。この見た目から、オオクニガニとも呼ばれているんですよ。この毛ガニは、8p以上の甲羅となっているオスのみを採ることが許されています。8p以上というと、ズワイガニなどから比べると、小さ目のカニということが分かりますよね。小さいカニのため、他のカニと比べると身の部分も少なくなっています。

 

しかし、甘く、柔らかい身や、カニ味噌を楽しむことが出来ます。毛ガニの楽しみ方といえば、味噌汁やカニ飯。茹でて楽しむことも出来ますが、身が少ないため、調理をして食べる方も多いカニとなります。更に、お酒を飲むという方であれば、甲羅を使い、そこにお酒を注いで楽しむことも出来ますよ。カニ味噌とお酒を合わせることで、より美味しく感じることでしょう。

 

このように、毛ガニは小さな目のカニとなります。茹でて食べることも出来ますが、小さいからこそ、調理しやすいカニともいえます。毛ガニを入れたお味噌汁などは、だしが出て贅沢な味を楽しむことが出来ますよ。カニの身よりも、カニの風味を楽しんでみたいという方、お酒が好きという方には、毛ガニはおすすめですよ。

 

英語では「hair crab」

毛がには英名では『hair crab』と呼ばれています。別名は『大栗蟹』といいます。栗の名は薄褐色の毛が全身を覆っているのが栗のイガを連想させることからついたと言われています。毛がにの毛は周囲の動きを感知するためのもので、毛が動くことによって周囲の水の流れで接近する敵の気配やエサの接近を感じることができるそうです。

 

毛ガニはアラスカ沿岸、カムチャッカ、朝鮮半島東岸など太平洋沿岸に広く分布していて食用として有名です。日本では北海道の代表食材として知られています。北海道旅行に行ったときは必ず食べたくなります。

 

毛ガニは全体的に小さくずんぐりとした印象で、丸みを帯びた四角形の甲羅を持ち、甲羅はそれほど固くありません。オスは縦長の楕円形、メスはそれよりも幅広で円形に近く、メスの背面はオスに比べて丸みが強いのが特徴で、大きいものではオスで15cm、メスで12cmになります。

 

毛がにを注文したときメスなのかオスなのかあまり考えることはないのではないでしょうか?卵が入っていたらメスだなと思うくらいではないでしょうか。タラバガニやズワイガニに比べると体が小さいので食べづらいですが実は繊細で引き締まったきめの細かさとジューシーな甘みがあります。毛ガニのカニみそは濃厚な甘みと上品なコクがあって口の中でふわっと広がる風味は絶品です。甲羅にお酒を入れてカニみそを最後まで楽しむ人もいるようです。ちなみにカニみそは脊椎動物の肝臓と膵臓の機能をもつ器官だそうです。

 

毛ガニとはカニの一種で、別名オオクリガニとも呼ばれます。オオクリガニの仲間に、クリガニというカニがあります。クリガニはオオクリガニと呼ばれる毛ガニと外見はとてもよく似ています。クリガニは毛ガニ同様食用とされていますが、味は毛ガニよりも劣るようです。やはり毛ガニは味においては食用のカニの王様と言えるでしょう。俗に、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの3種類は3大ガニと呼ばれます。カニといえば高級食材のイメージが強いものです。3大ガニに花咲ガニを加えて4大ガニと呼ぶ場合もあります。しかし、4大ガニのうち半分の2種類は実はカニではなくヤドカリの仲間です。毛ガニは本物のカニですから、上品な味わいで高級食材の名に相応しい一品と言えるでしょう。毛ガニは、ズワイガニやタラバガニよりも食べられる身の部分は少ないです。しかし、カニミソの量がとても多いことが毛ガニの魅力のひとつなのです。カニミソはカニを食べる上では忘れることのできない珍味ですね。毛ガニはその名の通り、甲羅にびっしりと細かい毛がはえています。毛ガニのオスは、毛ガニのメスよりも体が大きいことが特徴です。

毛ガニ購入の際には「浜茹で」と「活」に注意してください。刺身などの料理をする目的ならば活毛ガニが良いですが、茹でて食べる場合には「浜茹で」をオススメします。家庭で茹でた場合には、思ったような茹で上がりに出来ないこともあります。